事例4 過去問分析

◾️2017H29 染色・発電事業

経営分析

予測損益計算書作成

損益分岐点分析

設備投資の経済性計算

連結財務諸表

 

 

診断士2次 2016H28 事例参 第2問 解答研究

H28年2016年
事例3
カット野菜
第2問
生産管理面での対応策(160文字)
■解答例
対応策は、①各製造グループで各々作成していた生産計画を全社

的に作成し、原材料調達業務、出荷業務を一括で行う。これによ

り原材料調達における単価の差異、出荷の輸送費用のロスを減ら

し、原価の上昇を抑えること②パート社員の製造グループ間の移

動を推進し多能工化を目指す。これにより残業等を減らし、労務

費の上昇を抑えること。

 

対応策は、3つの製品グループの生産計画と生産統制を一元化し

て行う事である。具体的には、①生産計画面で、原材料の調達を

同時に行い単価の差異を無くし、出荷を同時に行い輸送費用を低

減する。②生産統制面で、製造グループ間での作業員の移動を行

い、グループ毎の余力を平準化し、ノウハウを共有することによ

り加工ロスを低下させる。

 

対応策は製造グループ毎の生産管理を見直し原材料費・労務費等

コストを適正化する事。具体的には①管理項目を生産高から生産

効率に改め意識改革を図る事②原材料調達、出荷輸送をグループ

で一括で行う事③製造グループ間の作業員移動で、手待ち等ロス

を削減する事④加工ロスの原因をグループ間で共有し、防止策を

話し合い再発防止する事。

 

対応策は、顧客別のグループ編成から、全社的に一元管理を行う

体制に変更、管理項目を生産高から、コストを意識する限界利益

に変更して、収益改善を図ることである。具体的には①原材料を

適正価格で仕入し加工ロスの削減と歩留まりの向上を図る。②出

荷を共通化し輸送ロスを削減する。③作業員をグループ間で柔軟

に移動させ労務費を削減する。

 

対応策は、①原材料調達から出荷までの生産計画を製造グループ

ごとではなく工場全体で行い、同種類の原材料単価の標準単価の

設定や、加工・出荷工程のコストを管理する事で原材料費を低減

させる。②製造グループ間でジョブローテーションを行い、作業

員移動を可能とすることで、出荷稼働や製造負荷のバランシング

を行い、労務費を低減させる。

 

■与件から抜き出し
・各製造グループには責任者として正社員の製造リーダ1名が配置
・予想されていた以上の原材料費と労務費の上昇によって限界利益がマイナス
・X農業法人時代から同じ製造グループに勤めているパート社員が多く、
他の製造グループへの移動はない。
・カット野菜製造工程は、顧客別に編成・グループ化
・各製造グループは、生産高を日常の管理項目として管理
・顧客からの注文は、各製造グループに直接入り、各製造グループで各々生産計画を立て、
原材料調達から出荷まで行っている。
・同種類の原材料調達における単価の差異、加工ロスによる歩留まりの低下、
出荷のための輸送費用のロス、製造グループ間での作業員の移動の制限などがみられる。

 

■解答コア
製造グループの人員入れ替えを定期的に行いカット技術の意見交換・技術向上を図り、歩留まり改善
生産計画の立案を一括で行い工場全体で最適な人員配置を図り、出荷の輸送費用ロスを削減
原材料の調達を一括で行うように改め、原材料調達の単価差異解消

 

■解答作成
生産管理一元化①顧客別グループ編成を改めて生産管理を工場全

体で一元化し、管理項目を生産高から変動費に変更してコストを

意識させる②パート社員間の定期的な入替えを行ない現場改善を

促し歩留まりを向上させる。③注文に応じて人員配置を最適化し

て無駄な出荷輸送費用を削減④原材料調達を一括で効率よく行い

ムラのある単価差異を解消する。
(原材料費と労務費を低減し限界利益のプラス化を図る。)

 

 

 

CH-R購入作戦(2018年1月)

★基本方針は下取で購入価格を相殺したい(なるべく減らしたい)
★競合は、ホンダヴェゼル、マツダCX-3
★グレードは最終的にはG LED Editionを選びたい(一番良いグレード)
トヨタの販売店はどこでもCH-Rを扱っているので4店舗で同志討ち
★回る順番は、前半競合車で後半はトヨタ系に絞っていく。あくまで目安(訪問回数)
 前半:トヨペット(1)、ホンダ(1)、マツダ(1)、ネッツ(1)
 中盤:トヨペット(2)、ホンダ(2)、マツダ(2)、ネッツ(2)
 後半:カローラ(1)、トヨタ(1)、ネッツ(3)、トヨペット(3)
トヨタカローラ埼玉の上尾本店は必ず行きたい(本店なので値引いてくれそう)
★さらに埼玉ではネッツとカローラが2系列あるので、(店舗で値引きがイマイチなら)行ってみる。
★ディーラーオプションは2回目以降の商談で足していく
 
 
■埼玉トヨタ自動車株式会社
尾西
埼玉県上尾市向山3-57-13
 
ネッツトヨタ埼玉株式会社
東大宮バイパス店
さいたま市見沼区丸ヶ崎2890番地
 
トヨタカローラ埼玉株式会社
上尾本店
上尾市日の出3-2-28
 
ネッツトヨタ東埼玉株式会社
マイネッツ岩槻
さいたま市岩槻区加倉2-8-6
 
トヨタカローラ新埼玉株式会社
埼玉県上尾市大字原市2-13
 
■株式会社関東マツダ
岩槻店
埼玉県 さいたま市岩槻区加倉
 
■CH-R
トヨタ新型C-HRの限界値引き情報【2018年1月】
■価格コム CH-R
■走行性能比較
■買い取り一括査定申し込み
■HS250h 中古車
■グレード比較
■T-Valueトヨタ中古車)

事例壱 出題分析

  • 事例Ⅰの中心テーマ:「強み」
  • 「強み」そのものは何か
  • 「強み」の維持強化

事例における強みの描き方

  • もともと持っていた(経営者が創業時からそれまでのキャリアで見に付けていた)
  • 意図的に強化した
  • 結果的に蓄積・形成された

※単独ではなく、これらが混在するケースが多い

※「強み」として明確な根拠に欠ける場合、「結果的に受注獲得できた」「売上拡大した」という事実を示すことで、なんらかの強みが形成されている、という根拠にする場合もある。

 

例)中小企業が外注を利用する場合の留意点

  1. 「強み」に悪影響がない業務であること
  2. 主体的に行うこと(外注業者任せにしない)

 

診断士2次2017H29 事例壱 解答例まとめ

■菓子製造業

================================================== 

第1問(配点20点)

 景気低迷の中で、一度市場から消えた主力商品をA社が再び人気商品にさせた最大の要因は、どのような点にあると考えられるか。100字以内で答えよ。

--------------------------------------------

■AAS関西

最大の要因は、 X社時代の経営資源を引き継いだからで ある。具体的には、①地元で

の高い認知度や商標権等の無形資源を引き継ぎ、②A社社長をはじめX社で共に働い

ていた仲間といった有形資産を引き継いだ点である。

■AAS東京

最大の要因は、X社の経営資源を承継できたためである。具体的には、X社の主力商品の商標権をA社に譲渡することが短期間で決まり、贔屓筋の嘆願や取引先の販売支援継続などX社の顧客基盤も承継できたためである。

■AAS名古屋

最大の要因は、X社の経営資源を承継できた点である。具体的には、①X社の人材で事業を立ち上げ、数年をかけて昔ながらの味を復活させた点、②認知度の高い商品に絞り込み、X社の顧客基盤を承継できた点、である。

■LEC

要因は、主力商品を軸としたドメインに絞り込んだことが考えられる。主力商品の商品名を社名に掲げ、また品質の確保に向けて経営資源を集中させたことで、主力商品のブランド価値をコア・コンピタンスに育成できた。

■大原

要因は、商品の絞り込みを行ったことである。具体的には、認知度が高かった主力商品の商標権を取得することができ、主力商品の昔ながらの味を復活させることができたことで、X社の顧客基盤を承継できたことである。

■TAC

地元において高い認知度を有した商標を冠にした社名とした上で、昔ながらの味を追い求めつつ、主力商品だけに絞った商品展開とすることによってブランドイメージを明確化し、消費者に対する浸透力を向上させたこと。

-----------------------------------------------------------------------------------------

第2問(配点20点)

 A社の正規社員数は、事業規模が同じ同業他社と比して少人数である。

少人数の正規社員での運営を可能にしているA社の経営体制には、どのような特徴があるのか。100字以内で答えよ。

■AAS関西

A社の経営体制の特徴は、①機能別組織の3部門の長と正社員の陣容が明確であり権限と責任が一致していること②A社社長と正社員が出資者となっているため円滑なコミュニケーションで目標達成意欲が高揚できること。

■AAS東京

特徴は、①自社店舗による直接販売は行っておらず、営業部門が取引先への配送管理と

在庫管理まで兼務できていること、②製造工程の自動化が進んでおり、補助業務は

非正規社員を交代勤務で活用していること、である。

■AAS名古屋

特徴は、①製造工程の自動化により効率性を高めることで、営業や人事、製造の主要工程に正規社員を集中させている点、②人手のいる箱詰めや包装、倉庫管理などの補助業務には、非正規社員を活用している点、である。

■LEC

特徴は、経営陣が全株式を保有し、少人数の体制で意思決定が行いやすいことである。

また、機能別組織による分業体制で、定型業務を流動人員で補完しやすく、少ない組織階層のもと経営方針をトップダウンで進めやすい。

■大原

特徴は、①営業面では、少人数での効率的な営業体制と自社店舗を持たない少人数での

販売体制、②生産面では、部門長の下での効率的な生産体制、補助業務での非正規社員の活用、製造工程自動化による効率性向上である。

■TAC

製造工程を自動化していることや自社店舗を有していないことなどにより、

社内業務が非正規社員でも担いやすい補助業務などの比率が高く、業務調整の量も少ない。そのため、少人数の管理者による組織管理が可能である。

 

 

2次 事例3 4年分 問題 2009-2012

事例Ⅲ 業種

2012 食肉製品業

2011 金属製家具製造業

2010 自動車2次部品メーカー

2009 木製家具製造業

第1問(C社の強み)

2012 X社から加工部門を分離して創業したC社の成長要因は何か、100字以内で述べよ。

2011 C社の創業からの事業変遷を理解した上で、生産技術面の特徴を(a)欄に、営業面での特徴を(b)欄に、40字以内でそれぞれ述べよ。

2010 自動車業界におけるC社の強みを(a)欄に、弱みを(b)欄に、2つずつ、それぞれ20字以内で述べよ。

2009 低迷する木製家具業界にあって、C社は安定的な業績を維持している。その考えられる理由を120字以内で述べよ。

第2問(生産面の課題、経営課題)

2012 C社は創業から20年以上が経過して、顧客や新製品の増加によってさらに変革が必要となっている。図1~図3なども参考に、C社が直面している課題とその具体的改善策を140字以内で述べよ。

2011 C社の生産計画は計画期間中に変更されることが多い。C社社長は、当社製品の納期に対する顧客の満足度を上げるためにも生産計画の制度を向上させたいと考えているが、そのための対応策を200字以内で具体的に述べよ。

2010 Y社から迫られている生産設備および工程の移管計画は、現在具体的な協議が進められている。

(1)この計画で最も大きな問題は、Y社から提示されている厳しい契約単価である。この計画でコストダウンを行い、利益を確保するために必要な具体的方法を120字以内で述べよ。

(2)この計画の実施によりC社の生産現場に混乱が予想される。予想される混乱の内容を(a)欄に60字以内で、またその対策を(b)欄に100字以内で、それぞれ述べよ。

2009 C社では、経営上大きな問題となっている過大な製品在庫および製品の欠品について改善を検討している。次の設問に答えよ。

(1)過大な製品在庫と製品の欠品が生じている理由を100字以内で述べよ。

(2)製品の在庫問題を解決するために、生産面で必要な対策を120字以内で述べよ。

第3問(無茶な事)

2012 C社では新規事業として外食チェーンY社との取引を検討している。その計画について以下の設問に答えよ。

(1)Y社から要求されているセントラルキッチンとしての機能を備えるためには、C社ではどのような対応を必要とするのか、120字以内で述べよ。

(2)Y社から要求されているセントラルキッチンとしての機能を果たすためには、C社の日常業務上どのような情報が必要になるか、100字以内で挙げよ。

2011 C社では自社ブランド規格品「ビルトインシリーズ」に加え、特注品の「フリーデザインシリーズ」事業を計画している。

(1)「フリーデザインシリーズ」事業は、既存事業の営業先からの要望によって計画、検討されている。顧客からの要望に応えこの事業を推進するためには、C社の営業スタイルをどのように変えるべきか80字以内で提案せよ。

(2)「フリーデザインシリーズ」事業を成功させるため、設計面の課題と生産面の課題を100字以内で述べよ。

2010 Y社からの生産設備および工程の移管計画には、①生産リードタイムの短縮、②コストダウンの2つの目的がある。これらの目的を達成するためにY社と共有化すべき生産管理に関する情報は何か。目的①、②について具体的情報データ項目をそれぞれ20字以内であげよ。

2009 C社では、大手インテリア用品小売チェーンからOEM製品の取引要請があり、共同で製品化を進めようとしている。

(1)大手インテリア用品小売チェーンとのOEM製品取引は、C社にとってどのようなメリットがあるのかについて80字以内で述べよ。

(2)C社のOEM事業推進において考えられる課題とその対応策について120字以内で述べよ。

第4問

2012 C社の既存製品の販売数量は減少傾向にあり、さらに既存顧客から製品単価の引き下げ要求がある。

それを克服して収益性を高めるためには、あなたは中小企業診断士としてどのような方法を提案するか、Y社との新規取引以外で、C社にとって実現性の高い提案を140字以内で述べよ。

2011 「フリーデザインシリーズ」事業に対応するため、CAD/CAMの導入を考えているが、このCAD/CAM化はC社にどのようなメリットをもたらすのか140字以内で述べよ。

2010 X社からの要請による中国進出計画が進展している。

この計画に関してC社の技術を生かした独自の経営の方向性と対応策について、中小企業診断士としてどのようなアドバイスをするか、140字以内で述べよ。

2009 C社の自社製品は見込生産であり、現在製品化を進めようとしているOEM生産は受注生産で対応する予定である。

C社の見込生産と受注生産の違いを、重視すべき情報と管理ポイントの視点から80字以内で述べよ。

診断士2次 2017H29 事例Ⅰ設問(菓子製造業)

★聞かれていること

■第1問:主力商品を再人気商品にさせた最大の要因

■第2問:A社の少数経営体制の特徴

■第3問:工業団地に移転した戦略的メリット

■第4問:全国市場拡大に障害となるリスクの可能性

■第5問:A社存続上の組織的課題

 

★原文

第1問(配点20点)

 景気低迷の中で、一度市場から消えた主力商品をA社が再び人気商品にさせた最大の要因は、どのような点にあると考えられるか。100字以内で答えよ。

 

第2問(配点20点)

 A社の正規社員数は、事業規模が同じ同業他社と比して少人数である。少人数の正規社員での運営を可能にしているA社の経営体制には、どのような特徴があるのか。100字以内で答えよ。

 

第3問(配点20点)

 A社が工業団地に移転し操業したことによって、どのような戦略的メリットを生み出したと考えられるか。100字以内で答えよ。

 

第4問(配点20点)

 A社は、全国市場に拡大することでビジョンの達成を模索しているが、それを進めていく上で障害となるリスクの可能性について、中小企業診断士の立場で助言せよ。100字以内で答えよ。

 

第5問(配点20点)

 「第三の創業期」ともいうべき段階を目前にして、A社の存続にとって懸念すべき組織的課題を、中小企業診断士として、どのように分析するか。150字以内で答えよ。