診断士2次2017H29 事例壱 解答例まとめ

■菓子製造業

================================================== 

第1問(配点20点)

 景気低迷の中で、一度市場から消えた主力商品をA社が再び人気商品にさせた最大の要因は、どのような点にあると考えられるか。100字以内で答えよ。

--------------------------------------------

■AAS関西

最大の要因は、 X社時代の経営資源を引き継いだからで ある。具体的には、①地元で

の高い認知度や商標権等の無形資源を引き継ぎ、②A社社長をはじめX社で共に働い

ていた仲間といった有形資産を引き継いだ点である。

■AAS東京

最大の要因は、X社の経営資源を承継できたためである。具体的には、X社の主力商品の商標権をA社に譲渡することが短期間で決まり、贔屓筋の嘆願や取引先の販売支援継続などX社の顧客基盤も承継できたためである。

■AAS名古屋

最大の要因は、X社の経営資源を承継できた点である。具体的には、①X社の人材で事業を立ち上げ、数年をかけて昔ながらの味を復活させた点、②認知度の高い商品に絞り込み、X社の顧客基盤を承継できた点、である。

■LEC

要因は、主力商品を軸としたドメインに絞り込んだことが考えられる。主力商品の商品名を社名に掲げ、また品質の確保に向けて経営資源を集中させたことで、主力商品のブランド価値をコア・コンピタンスに育成できた。

■大原

要因は、商品の絞り込みを行ったことである。具体的には、認知度が高かった主力商品の商標権を取得することができ、主力商品の昔ながらの味を復活させることができたことで、X社の顧客基盤を承継できたことである。

■TAC

地元において高い認知度を有した商標を冠にした社名とした上で、昔ながらの味を追い求めつつ、主力商品だけに絞った商品展開とすることによってブランドイメージを明確化し、消費者に対する浸透力を向上させたこと。

 

2次 事例3 4年分 問題 2009-2012

事例Ⅲ 業種

2012 食肉製品業

2011 金属製家具製造業

2010 自動車2次部品メーカー

2009 木製家具製造業

第1問(C社の強み)

2012 X社から加工部門を分離して創業したC社の成長要因は何か、100字以内で述べよ。

2011 C社の創業からの事業変遷を理解した上で、生産技術面の特徴を(a)欄に、営業面での特徴を(b)欄に、40字以内でそれぞれ述べよ。

2010 自動車業界におけるC社の強みを(a)欄に、弱みを(b)欄に、2つずつ、それぞれ20字以内で述べよ。

2009 低迷する木製家具業界にあって、C社は安定的な業績を維持している。その考えられる理由を120字以内で述べよ。

第2問(生産面の課題、経営課題)

2012 C社は創業から20年以上が経過して、顧客や新製品の増加によってさらに変革が必要となっている。図1~図3なども参考に、C社が直面している課題とその具体的改善策を140字以内で述べよ。

2011 C社の生産計画は計画期間中に変更されることが多い。C社社長は、当社製品の納期に対する顧客の満足度を上げるためにも生産計画の制度を向上させたいと考えているが、そのための対応策を200字以内で具体的に述べよ。

2010 Y社から迫られている生産設備および工程の移管計画は、現在具体的な協議が進められている。

(1)この計画で最も大きな問題は、Y社から提示されている厳しい契約単価である。この計画でコストダウンを行い、利益を確保するために必要な具体的方法を120字以内で述べよ。

(2)この計画の実施によりC社の生産現場に混乱が予想される。予想される混乱の内容を(a)欄に60字以内で、またその対策を(b)欄に100字以内で、それぞれ述べよ。

2009 C社では、経営上大きな問題となっている過大な製品在庫および製品の欠品について改善を検討している。次の設問に答えよ。

(1)過大な製品在庫と製品の欠品が生じている理由を100字以内で述べよ。

(2)製品の在庫問題を解決するために、生産面で必要な対策を120字以内で述べよ。

第3問(無茶な事)

2012 C社では新規事業として外食チェーンY社との取引を検討している。その計画について以下の設問に答えよ。

(1)Y社から要求されているセントラルキッチンとしての機能を備えるためには、C社ではどのような対応を必要とするのか、120字以内で述べよ。

(2)Y社から要求されているセントラルキッチンとしての機能を果たすためには、C社の日常業務上どのような情報が必要になるか、100字以内で挙げよ。

2011 C社では自社ブランド規格品「ビルトインシリーズ」に加え、特注品の「フリーデザインシリーズ」事業を計画している。

(1)「フリーデザインシリーズ」事業は、既存事業の営業先からの要望によって計画、検討されている。顧客からの要望に応えこの事業を推進するためには、C社の営業スタイルをどのように変えるべきか80字以内で提案せよ。

(2)「フリーデザインシリーズ」事業を成功させるため、設計面の課題と生産面の課題を100字以内で述べよ。

2010 Y社からの生産設備および工程の移管計画には、①生産リードタイムの短縮、②コストダウンの2つの目的がある。これらの目的を達成するためにY社と共有化すべき生産管理に関する情報は何か。目的①、②について具体的情報データ項目をそれぞれ20字以内であげよ。

2009 C社では、大手インテリア用品小売チェーンからOEM製品の取引要請があり、共同で製品化を進めようとしている。

(1)大手インテリア用品小売チェーンとのOEM製品取引は、C社にとってどのようなメリットがあるのかについて80字以内で述べよ。

(2)C社のOEM事業推進において考えられる課題とその対応策について120字以内で述べよ。

第4問

2012 C社の既存製品の販売数量は減少傾向にあり、さらに既存顧客から製品単価の引き下げ要求がある。

それを克服して収益性を高めるためには、あなたは中小企業診断士としてどのような方法を提案するか、Y社との新規取引以外で、C社にとって実現性の高い提案を140字以内で述べよ。

2011 「フリーデザインシリーズ」事業に対応するため、CAD/CAMの導入を考えているが、このCAD/CAM化はC社にどのようなメリットをもたらすのか140字以内で述べよ。

2010 X社からの要請による中国進出計画が進展している。

この計画に関してC社の技術を生かした独自の経営の方向性と対応策について、中小企業診断士としてどのようなアドバイスをするか、140字以内で述べよ。

2009 C社の自社製品は見込生産であり、現在製品化を進めようとしているOEM生産は受注生産で対応する予定である。

C社の見込生産と受注生産の違いを、重視すべき情報と管理ポイントの視点から80字以内で述べよ。

診断士2次 2017H29 事例Ⅰ設問(菓子製造業)

★聞かれていること

■第1問:主力商品を再人気商品にさせた最大の要因

■第2問:A社の少数経営体制の特徴

■第3問:工業団地に移転した戦略的メリット

■第4問:全国市場拡大に障害となるリスクの可能性

■第5問:A社存続上の組織的課題

 

★原文

第1問(配点20点)

 景気低迷の中で、一度市場から消えた主力商品をA社が再び人気商品にさせた最大の要因は、どのような点にあると考えられるか。100字以内で答えよ。

 

第2問(配点20点)

 A社の正規社員数は、事業規模が同じ同業他社と比して少人数である。少人数の正規社員での運営を可能にしているA社の経営体制には、どのような特徴があるのか。100字以内で答えよ。

 

第3問(配点20点)

 A社が工業団地に移転し操業したことによって、どのような戦略的メリットを生み出したと考えられるか。100字以内で答えよ。

 

第4問(配点20点)

 A社は、全国市場に拡大することでビジョンの達成を模索しているが、それを進めていく上で障害となるリスクの可能性について、中小企業診断士の立場で助言せよ。100字以内で答えよ。

 

第5問(配点20点)

 「第三の創業期」ともいうべき段階を目前にして、A社の存続にとって懸念すべき組織的課題を、中小企業診断士として、どのように分析するか。150字以内で答えよ。

 

診断士2次 2017H29 事例Ⅰ問題(菓子製造業)

 

f:id:k2sugi:20171024001115p:plainf:id:k2sugi:20171024001110p:plainf:id:k2sugi:20171024001106p:plainf:id:k2sugi:20171024001056p:plainf:id:k2sugi:20171024001047p:plain

診断士1次試験2017

6点足りず。。。

経済      52
財務      80
経営      45
運営      54
法務      64
情報      68
中小      51
------------
       414

■経済

アウエウイエウエイイ

ウエアアウアイエイエ

エエウアウ

■財務

ウイウウアエウウアウ

アオイアウエウウエイ

ウウエアウ

■経営

ウウオアウイエオイオ

エエウエウイオイイウ

エイオイエアエエエエ

アウイウイオアイウア

■運営

ウウアエエウアアイイ

ウウエイウアイアエウ

ウアイウウイイエイイ

イエアウイウイエアウ

オオエエア

■法務

イアウウエイウアアア

エウウアアイウエエア

イエアアア

■情報

アウウエアエイエイア

ウエアエエウアウアイ

イアエアア

■中小

イエウエイアエオエエ

エエエオアイアアイウ

イウウウイアエアウエ

エイアアエアアウイア

アイ

経済 トービンのq

 トービンのq = (負債の時価総額+株式時価総額) / 資産の時価総額

トービンのqは、企業が事業活動により生み出している価値が、保有資産の時価総額より大きいかどうかを見る指標です。トービンのqが1より小さいと株価は過小評価されていると考え、1より高いと株価は過大評価されていると考えます。

経済 トービンのq

 トービンのq = (負債の時価総額+株式時価総額) / 資産の時価総額

トービンのqは、企業が事業活動により生み出している価値が、保有資産の時価総額より大きいかどうかを見る指標です。トービンのqが1より小さいと株価は過小評価されていると考え、1より高いと株価は過大評価されていると考えます。