診断士2次 2017H29 事例参 金属加工業

2017H29 事例参 金属部品加工業

【C社の概要】

 C社は、1947年の創業で、産業機械やプラント機器のメーカーを顧客とし、金属部品の加工を行ってきた社長以下24名の中小企業である。

受注のほとんどが顧客企業から材料や部品の支給を受けて加工を担う賃型加工の下請製造業で、年間売上高は約2億円である。

 現在の社長は、創業者である先代社長から経営を引き継いだ。

10年前、CAD等のITの技能を備えた社長の長男(現在常務)が入社し、設計のCAD化や老朽化した設備の更新など、生産性向上に向けた活動を推進してきた。

この常務は、高齢の現社長の後継者として社内で期待されている。

 C社の組織は、社長、常務の他、経理担当1名、設計担当1名、製造部20名で構成されている。

顧客への営業は社長と常務が担当している。

 近年、売り上げの中心となっている産業機械・プラント機器の部品加工では、受注量が減少し、加えて受注単価の値引き要請も厳しい状況が続いている。

その対応として、現在C社では新規製品の事業化を進めている。

 

【生産概要】

 製造部は機械加工班と製缶板金班で構成され、それぞれ10名の作業者が加工に従事している。

機械加工班はNC旋盤、汎用旋盤、フライス旋盤などの加工機械を保有し、製缶板金班はレーザー加工機、シャーリング機、プレス機、ベンダー機、溶接機などの板金加工機械を保有している。

 C社では創業以来、顧客の要求する加工精度を保つため機械の専任担当制をとっており、そのため担当している機械の他は操作ができない作業者が多い。

また、各機械の操作方法や加工方法に関する技術情報は各専任作業者それぞれが保有し、標準化やマニュアル化は進められていない。

 加工内容については、機械加工班はコンベアなどの搬送設備、食品加工機械、農業機械などに組み込まれる部品加工、鋳物部品の仕上げ加工などで比較的小物でロットサイズが大きい機械加工であり、製缶板金班は農業機械のフレーム、建設用機械のバケット、各種産業機械の本体カバーなど大型で多品種少量の鋼材や鋼板の加工が中心である。

 顧客から注文が入ると、受注窓口である社長と常務から、担当する製造部の作業者に直接生産指示が行われる。

顧客は古くから取引関係がある企業が多く、受注品の多くは各顧客から繰り返し発注される部品である。

そのため受注後の加工内容などの具体的な打ち合わせは、各機械を担当する作業者が顧客と直接行っている。

 

【新規事業の概要】

 新規事業は、3次元CADで作成した3次元データを用いて、3次元形状の加工ができる小型・精密木工加工機「CNC木工加工機」の事業化である。

この新規事業は、異業種交流の場で常務が耳にした木工加工企業の話がヒントになり進められた。

「木工加工機は大型化、NC化が進み、加工機導入の際には多額の投資を必要とするようになった。

以前使っていたならい旋盤のような汎用性があり操作性が良い加工機が欲しいが、見つからない」との情報であった。

ならい旋盤とは、模型をなぞって刃物が移動し、模型と同じ形状の加工品を容易に再現できる旋盤である。

 常務と設計担当者が中心となり加工機の設計、開発を進め、外部のCNC制御装置製作企業も加えて、試作機そして1号機の実現にこぎつけた。

 しかし、それまで木工加工関連企業とのつながりも情報もないC社にとって、この新規事業の販路開拓をどのように進めるのか、製品開発当初から社内で大きな問題となっている。

C社は、特に新規顧客獲得のための営業活動を積極的に行った経験がない。

また、販売やマーケティングに関するノウハウもなく、機械商社などの販売チャネルもない。

 そこで常務が中心となって、木工機械の展示会に出展することから始めた。

展示会では、特徴である精密加工の内容を来展者に理解してもらうため、複雑な形状の加工を容易に行うCNC木工加工機の実演を行ったが、それによって多くの来展者の注目を集めることができた。

特に、NC機械を使用した経験のない家具や工芸品などの木工関係者から、プログラムの作成方法、プログラムの提供の可能性、駆動部や刃物のメンテナンス方法、加工可能な材質などに関する質問が多くあり、それに答えることで、CNC木工加工機の加工精度や操作性、メンテナンスの容易性が来展者から評価され、C社内では大きいな手応えを感じた。

そして展示会後、来展者2社から注文が入り、本格的に生産がスタートしている。

このCNC木工加工機については、各方面から注目されており、今後改良や新機種の開発を進めていく予定である。

 この展示会での成功を参考に、現在は会社案内程度の掲載内容となっているホームページを活用して、インターネットで広くPRすることを検討している。

 CNC木工加工機の生産は、内部部品加工を機械加工班で、制御装置収納ケースなどの鋼板加工と本体塗装を製缶板金班でそれぞれ行い、それに外部調達したCNC制御装置を含めて組み立てる。

これまで製造部では専任担当制で作業者間の連携が少なかったが、この新規事業では、機械加工班と製缶板金班が同じCNC木工加工機の部品加工、組み立てに関わることになる。

なお、最終検査は設計担当者が行う。

 これまで加工賃収入が中心であったC社にとって、付加価値の高い最終製品に育つものとしてCNC木工加工機は今後が期待されている。

 

 

第1問(配点30点)

CNC木工加工機のい生産販売を進めるために検討すべき生産管理上の課題と

その対応策を140字以内で述べよ。

 

第2問(配点20点)

C社社長は、現在の生産業務を整備して生産能力を向上させ、

それによって生じる余力をCNC木工加工機の生産に充てたいと考えている。

それを実現するための課題とその対応策について120字以内で述べよ。

 

第3問(配点20点)

C社では、ホームページを活用したCNC木工加工機の受注拡大を考えている。

展示会での成功を参考に、潜在顧客を獲得するためのホームページの

活用方法、潜在顧客を受注に結び付けるための社内対応策を160字以内で述べよ。

 

第4問(配点30点)

C社社長は、今後大きな設備投資や人員増をせずに、

高付加価値なCNC木工加工機事業を進めたいと思っている。

これを実現するためには、製品やサービスについてどのような方策が

考えられるか、140字以内で述べよ。